HOME >> ダンボールここだけの話 >> 引越荷造りで気をつけること

引越荷造りで気をつけること

ダンボールを引越の荷造りに使うときには、いろいろと気をつけておきたいことがあります。

ダンボールの使い方に絞って注意点を挙げておきましょう。

まずは重さを重すぎにしないことです。

また、引越する先のレイアウトを想定した荷造りをするようにしましょう。

誰の、どこに置く荷物なのか、ということで箱をまとめ、新しい部屋に入れたときにどの部屋で荷ほどきをすべき荷物なのか、ということをわかるようにしておくと、整理するのが楽になります。

いろいろな人の持ち物や荷物の種類が混同してしまうと、どの荷物がどこに行ったのかがわからなくなってしまいますので注意するようにしましょう。

余裕があれば、箱に優先順位をつけ、どの順番で開けていくかを示しておくとなおいいでしょう。

また、ダンボールが引越業者からの支給では足りなくなった場合、自分で調達して利用することもあると思いますが、その際はダンボールの強度などにも注意しましょう。

野菜などが入っていたダンボールでは、農薬がついていたり、土や虫がついている可能性もあるのでその点も注意です。


ダンボールここだけの話は情報収集にお役立てください。

ダンボールは壊れてボロボロになるまで使われています