HOME >> ダンボールここだけの話 >> 防寒の役割

防寒の役割

ダンボールの役割を色々と考えていますが、防寒の役割もある、ということをご存じでしょうか。

たとえば、夜通し並んでなんらかのチケットを購入しよう、ということはありませんか。

レアなスポーツの試合などでは、徹夜で窓口に並ぶ、ということがあるかもしれません。

そんなときは、手軽な防寒としてダンボールを利用すると寒さをしのぐことができます。

ダンボールに防寒性があるのは、その構造にあります。表と裏に2枚の紙を使い、その間に波型の中芯をはさんでいるので、空気を遮断してくれるという特性があります。

ですから、内側には保温効果があり、寒さを遮断することができるのです。

もちろん、いつもこれを利用するには耐久性という意味で問題がありますが、今、どうしても寒さをしのぎたい、という局面があった場合には、ぜひ周辺にダンボールがないかを探してみるといいでしょう。

寒さをしのぐことができると同時に、ある程度の雨をしのぐこともでき、また日差しなどを遮ってくれる効果もあります。


ダンボールここだけの話は情報収集にお役立てください。

ダンボールは壊れてボロボロになるまで使われています