HOME >> ダンボールここだけの話 >> リサイクルのコスト

リサイクルのコスト

ネット販売されているダンボールはそれぞれ必要と感じるところでいろいろな規格で作られているため、リサイクルのコストやリサイクルの基準についても考えておく必要があります。

全てのダンボールをリサイクルできるようにすれば、それだけコストも安定し、資源を無駄にしないで済むようにもなります。

ですから、ダンボールの団体は、リサイクルできるための基準を設け、リサイクルができるダンボールにはこの基準を満たしている、というマークをつけよう、という運動を推進しています。

ダンボールを利用する際には、このリサイクルマークがあるかどうかというのも一つの基準にするとよいでしょう。

企業が出すゴミはいまや有料の時代です。

リサイクルできるか、ゴミになるかによって、企業が負うコストも大きく変わってくるのではないでしょうか。

それだけに、ダンボールを多く扱う場合には、リサイクルのコストまで考えておく必要があるのです。

基準についても詳しく調べておくといいでしょう。


ダンボールここだけの話は情報収集にお役立てください。

ダンボールは壊れてボロボロになるまで使われています