HOME >> ダンボールここだけの話 >> できるまでの工程

できるまでの工程

ダンボールができるまでには、どのような工程があるのでしょうか。

まずダンボールに使う紙ですが、これはライナーという紙で中芯をはさむ、という構造で作られています。

まずはこのダンボール紙を平面的に作るところから工程が始まります。

中芯の波型の高さによってダンボール紙の厚みや強度が変わってきますので、どんなことに利用するダンボールかによってこれをまず選択します。

表のライナーも基本はクラフト紙ですが、様々な紙を使ったり加工をしたりする場合もあります。

そして、この紙を機械にかけ、必要なカットを施します。

組み立てるための切れ込みなども機械でつけ、裁断していきます。

そして、ロゴなどの必要な印刷を施し、さらにはノリ付けをして、接着する部分を貼り合わせていきます。

同じ形はこのように積み上げられ、上からプレスをかけることで接着部分をよりしっかりと貼り合わせられるようになっています。

ダンボールを作る基本的な工程はこのようなものです。

機械に設定をすることで自動的にできるようになっています。


ダンボールここだけの話は情報収集にお役立てください。

ダンボールは壊れてボロボロになるまで使われています