HOME >> ダンボールここだけの話 >> 野菜を入れる

野菜を入れる

ダンボールには野菜を入れる、ということも多いですね。

スーパーや八百屋さんなどで注意してみると、様々な野菜がダンボールに入っているのを見かけるのではないでしょうか。

野菜をダンボールに入れるときにはどのような工夫がされているのでしょうか。

農家から出荷されるときには、効率よく運搬してもらえるように、形ごとにわけて同じようなものをダンボールに詰める、という作業をしています。

ですから、たとえばトマトの農家なら、サイズによってダンボールの大きさをわけ、Mサイズならこの箱にいくつ、という目安ができている場合もあるようです。

そのため、どこから出荷されるどんなサイズのどんな野菜か、ということが一目でわかるようになっているダンボールが多いと思います。

出荷のための利便性もありますが、伝票の代わりに箱で判断する、ということもできるようになっているのですね。

その箱の場合どの程度の価格で取引される、という目安にもなります。


ダンボールここだけの話は情報収集にお役立てください。

ダンボールは壊れてボロボロになるまで使われています