HOME >> ダンボールここだけの話 >> コスト削減とダンボール

コスト削減とダンボール

企業ではダンボールを使うという局面も多いと思いますが、できるだけコストを削減したいと思ったらどのような工夫をしたらいいでしょうか。

ダンボールを作る場合、できるだけ再利用ができるものにしたり、大きさをそろえる、という工夫をすることができますし、リサイクルができる基準を満たしたダンボールにする、ということも大切です。

決まったものを入れるためのダンボールを独自に開発しておくことで、かえってコストを削減できる、ということもあります。

同じものの梱包、運搬に決まったダンボールを利用することによって、再利用のサイクルが確立され、余計なコストを削減することができる場合もあるようです。

ダンボールを作ったり利用したりする場合には、こうしたコストの面まで考えておく必要がありそうです。

また、企業で利用する際には、古紙回収業者に回収をお願いすることになる場合もあります。

回収してもらえる基準を満たしておく、ということも大切です。


ダンボールここだけの話は情報収集にお役立てください。

ダンボールは壊れてボロボロになるまで使われています