HOME >> ダンボールここだけの話 >> イメージすること

イメージすること

ダンボールというと、梱包資材、運搬用の資材、とイメージすることが多いと思います。

表面もクラフト紙の茶色を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

でも、今のダンボールはこのイメージに限定されるものではなく、様々な利用法があります。

ですから、固定概念だけでダンボールを考えない方がいいでしょう。

たとえば水に対する耐久性についても、撥水加工などを施し、かなり強度を高めたものが実現できている、ということがわかりました。

アート用のダンボールではライナーと呼ばれる表紙にさまざまな加工がされているものを利用することで、作品がとてもダンボールからできているとは思えないようなものに仕上げることも可能です。

また、簡単に組み立てたり壊したりすることができる、ということで、実際に家具として利用されることもあり、当初の目的をはるかに超えた可能性が確認されています。

ダンボールというとあなたならどんなイメージを持ちますか。

あなたのイメージはもはや古い固定概念にとどまっていませんか。


ダンボールここだけの話は情報収集にお役立てください。

ダンボールは壊れてボロボロになるまで使われています