HOME >> ダンボールここだけの話 >> ダンボールのこれから

ダンボールのこれから

ダンボールは19世紀に開発され、イギリス、アメリカと技術の革新を経験し、日本でも定着するようになってきました。

今では日本に入ってきた当初とは作る機械も大幅に変わり、大きな変革をとげてきたということもできます。

では、これからのダンボールはどのようになっていくのでしょうか。

社会はエコを大きく意識した状況へと変動してきました。

軽量で扱いやすいプラスティックがもてはやされた時代もありましたが、エコという観点からいえば、プラスティックだけがいいとされてきた時代は終わったということができます。

今までプラスティックで補われてきた分野にも、その分ダンボールが入り込んでいくこともこれからはあるのではないでしょうか。

紙でできており、リサイクルの部分がしっかりと確立されれば、地球に優しく扱いやすい素材としてこれからもいろいろな可能性を発揮してくれることでしょう。

ダンボールのこれからを考えるということは、地球のこれからを考えることにもつながっていくというのは決して大げさではありません。


ダンボールここだけの話は情報収集にお役立てください。

ダンボールは壊れてボロボロになるまで使われています