HOME >> ダンボールここだけの話 >> トラブルのない引っ越しをするには

トラブルのない引っ越しをするには

早め早めの対処が望まれる引っ越しですが、当日になって慌てない為にも、前日までにやっておかなければならないことをまとめておきましょう。

まず前日までに忘れてはいけないのは冷蔵庫の処理です。中身を全て処理するのは当然だとしても、意外と忘れてしまうのが水抜きの作業です。製氷皿などもしっかりと処理をして、コンセント、ホースをまとめ、いつでも持ち出せる状態にします。
次に挨拶時に使用する品を確認しましょう。当日は引っ越し作業で慌ただしくなりますので、こうした品というのは忘れがちになるのですが、大家さんや隣家に対して挨拶を欠いては今後の付き合いに影響が出てしまうので、忘れないようにしたいところです。別途の分かりやすい箱に分けておくと良いでしょう。
また、別途の箱に分けておくという点に関しては、貴重品など最後の最後までしようするものに関しても同様の処置をするようにすると良いでしょう。手荷物の範疇であれば手荷物にするもよいのですが、どうしても量がかさんでくると手荷物に収まらなくなってきます。その際には梱包用のダンボールに分かりやすい目印を付けておくとすぐに取り出せるので有効です。
そして忘れてはならないのがお金の用意です。お金は当日に使うお金のみならず、引っ越し全体で使用するお金を別途封筒などに入れて管理すると便利です。当日の業者に支払う額は事前に分かっていますから用意も容易いですが、思わぬオプション等で予定よりも費用がかさむ場合も想定して、多めにもっておく方が得策です。
他にも当日の段取りを確認しておくなどありますが、基本的には上記の内容を押さえておけば問題ないでしょう。また、水道、ガス、電気などのライフラインを止めるのは引き渡す段階で止まっていさえいれば問題ありませんので、当日の流れを考えると、当日の最後、または翌日などが好ましいとされています。

引っ越しで起こるトラブルというのは、往々にして事前準備の甘さと段取りの悪さにあります。業者に頼んだ場合はもちろんのこと、身内だけで引っ越しをする場合でも事前準備や段取りというのは非常に重要となってきますので、しっかりと押さえておきたいポイントです。
引っ越しはトラブル無く進めると、ちょっとした思い出にもなります。トラブルを起こして後味の悪い引っ越しにするか、トラブル無く楽しい引っ越しにするかは、前日までの準備に大きく掛かっているといっても過言では無いかもしれませんね。


ダンボールここだけの話は情報収集にお役立てください。

ダンボールは壊れてボロボロになるまで使われています