HOME >> ダンボールここだけの話 >> ダンボールに色づける

ダンボールに色づける

皆さんの思い浮かべるダンボールというもの、それは大抵が薄茶色のような少し汚れたような色合いをイメージする人が多いのではないでしょうか。

実際にクラフト色というのもあり、それらの色はあまり綺麗なものではないでしょう。

ですが最近ではカラーダンボールというものも誕生してきて、様々な印刷技術などを元に色だけではなく柄までもが種類が増えてきているダンボールが多いものでしょう。

そうやってダンボールに色づけていくという事は、これから先どういう事に影響するのでしょうか。

その影響の仕方というのは色々とあるとは思いますが、場合によっては本当に面白いものになるはずです。

皆さんの身近にあるものというのはあまりそういう風に考えられないようなものもあるかもしれません。

ですが色の付け方が、ただの印刷ではなく一種のアートのようなものになってきていたらどうでしょうか。

色の付け方、そしてその色をつけたものの使い方など。

考えていけば考えていくほど、使い道や工夫の仕方というのは広がっていくはずです。

昔はただの梱包や運搬に使われていたかもしれないそんなダンボールたちを、今ではもっと色んな場所に活かせるようにするためには、このような工夫も必要です。


ダンボールここだけの話は情報収集にお役立てください。

ダンボールは壊れてボロボロになるまで使われています