HOME >> ダンボールここだけの話 >> 底なしポケット

底なしポケット

底なしポケット

あなたの家庭から出る生ごみをたい肥に変えてしまう、画期的なダンボールがあります。

そして、生ごみを沢山食べさせてみても、あっと言う間に無くなってしまいます。

しかし、ダンボールコンポストに生ごみを入れたからと言ってすぐには堆肥は出来ません。

生ゴミを分解するのに、発酵させる事が大切です。

1~2週間の間に生ごみを入れてかき混ぜると温度も30℃を超えるようになり、生ごみの種類や量により60℃を超えることもあります。

発酵により熱発生が起こり重みで圧力がかかり内部に熱が籠って発火温度に達する事があります。

温度が上がらない場合は、使用済みてんぷら油などの廃食油(200cc以下、但し頻繁に入れないこと)、天かす、米ぬかなどを入れると発酵分解は早まりますが、油類は入れすぎると臭いが出ます。

ダンボールコンポストの水分の量は少し湿っている程度。

水分量が多くなると発酵臭が強くなるので、ピートモスなどを追加して湿度を下げてください。

ダンボールコンポストでのにおいの失敗は水分量が多すぎる場合がほとんどです。

また、乾燥が強いと発酵が進みません。

ペットボトル等に70℃程度のお湯を入れて、ダンボールの外側四隅に置き、上に毛布をかけるとダンボールの中の温度が保たれます。

ダンボールコンポストで処理した生ゴミはガーデニング用の堆肥として使用することが出来ます。

畑の土にコンポストで処理した堆肥を混ぜ込み野菜が出来ます。

生ゴミが野菜へ、家庭内でのリサイクルが実現できました。

ここまでできると自然の循環を肌で感じることが出来ます。

水分が少ない場合粉塵が発生するようになる。

また、堆肥化が完全でないものを乾燥させると分解が停止して未熟なコンポストができてしまう。

乾燥を行うのは堆肥が完全に出来上がってからが良い。

推奨基準値はpH5.5-8.5。

基本的にpH8,5以上になることはほとんどないが、pH5.5以下になることはありうる。

酸性の堆肥はミネラルの過剰害やリン酸の固定、吸収障害などが起こる。

虫やダニが発生した場合は、夏場であれば黒いビニール袋をかけて太陽光の熱で処理する(地獄袋)こともいいかもしれません。

虫やダニが発生したコンポストは屋外で熟成させてしまいましょう。

それでもダメなら、新しくダンボールコンポストを作り直したほうが簡単です。

食べさせすぎも良くありません。


ダンボールここだけの話は情報収集にお役立てください。

ダンボールは壊れてボロボロになるまで使われています